新着記事

革新コース97期生 – 株式会社クラフトアール 奥村友裕さん

k97_okumura

創新塾の期間中、私はタイプの異なる会社を2つ経営していた。
一つは、自らが立ち上げたオーナーとしての会社(クラフトアール)と、創業34年目で、旧態依然とした店舗什器販売会社(年商10億円)の雇われ社長として入った会社である。

ともに、長年勤めたコンサルティング会社を卒業して間もなく始めた「経営者1年目としての人生チャレンジ」であった。
後者の会社では、良き部分の裏に潜む33年の根深い問題が山積だった。
まさに、創新塾にお世話になる時期が、社長業の本当の難しさに直面しかけているタイミングであった。

そのようなときに、創新塾の初期に、「あり方」の教えに触れ、「やり方」に傾倒しそうな思いに抑制がかかり、幾度となく救われた。
その後、1年で当初目標としていたM&Aによる売却が実現し、中継ぎ登板プロ経営者としての役割を終えることができた。

そして、自らがオーナーで、経営者である今の会社に没頭していくこととなる。
そこでは、特に、「黒字バランス経営」の考えを大切にしていきたいと考える。とんがりや不易流行などの事業構築領域は、元来意識してきたテーマであるので染みついている。
しかし、守り領域となる「黒字バランス経営」を経営者である私がマスターすることは、弊社存続に欠かせない重要マターである。
これを機に、数字に強い経営者となり、高収益事業の基盤を構築していきたいと思う。

また今後は、リスクマネジメントや会社法など、自らの知見の引き出しを増やしながら、世間から希求されながら存続する会社へ昇華していきたい。

ありがたいことに、弊社には精鋭な人財が集まっているので、彼らとの衆知で、少数大価値会社として注目されるような会社になりたい。
創新マインドを胸に、突き進みます。

関連記事

セミナー情報

  1. 本セミナーは新型コロナウイルスの感染拡大に鑑み、開催を中止とさせていただくこととなりました。
  2. 働く女性
    担当講師 株式会社創新ワールド 倉橋 綾子(株)小田急ランドフローラに入社。
  3. ビジネスイメージ
    より早く!より正しく!成果につながる会社の数字~全員参加・経営視点を生み出す管理会計~...

塾生インタビュー

  1. 西方
    初めから最後まで創新塾中堅幹部の心得を胸にカリキュラムを受講して来ましたが、単に会社における中堅幹部...
  2. k97_tamura
    それまでの自分は「自分はやっている、頑張っている、出来ている」と、大きな勘違いをしていた事に創新塾で...
  3. 大石
    何よりも原点であるビジョン、会社の存続、自分の存在意義はとても重なり合うかたちで大切な軸となると認識...