新着記事

革新コース97期生 – 株式会社クラフトアール 奥村友裕さん

k97_okumura

創新塾の期間中、私はタイプの異なる会社を2つ経営していた。
一つは、自らが立ち上げたオーナーとしての会社(クラフトアール)と、創業34年目で、旧態依然とした店舗什器販売会社(年商10億円)の雇われ社長として入った会社である。

ともに、長年勤めたコンサルティング会社を卒業して間もなく始めた「経営者1年目としての人生チャレンジ」であった。
後者の会社では、良き部分の裏に潜む33年の根深い問題が山積だった。
まさに、創新塾にお世話になる時期が、社長業の本当の難しさに直面しかけているタイミングであった。

そのようなときに、創新塾の初期に、「あり方」の教えに触れ、「やり方」に傾倒しそうな思いに抑制がかかり、幾度となく救われた。
その後、1年で当初目標としていたM&Aによる売却が実現し、中継ぎ登板プロ経営者としての役割を終えることができた。

そして、自らがオーナーで、経営者である今の会社に没頭していくこととなる。
そこでは、特に、「黒字バランス経営」の考えを大切にしていきたいと考える。とんがりや不易流行などの事業構築領域は、元来意識してきたテーマであるので染みついている。
しかし、守り領域となる「黒字バランス経営」を経営者である私がマスターすることは、弊社存続に欠かせない重要マターである。
これを機に、数字に強い経営者となり、高収益事業の基盤を構築していきたいと思う。

また今後は、リスクマネジメントや会社法など、自らの知見の引き出しを増やしながら、世間から希求されながら存続する会社へ昇華していきたい。

ありがたいことに、弊社には精鋭な人財が集まっているので、彼らとの衆知で、少数大価値会社として注目されるような会社になりたい。
創新マインドを胸に、突き進みます。

関連記事

セミナー情報

  1. ビジネスイメージ
    より早く!より正しく!成果につながる会社の数字~全員参加・経営視点を生み出す管理会計~...
  2. 3f5f9a579cc4c682d940a47c368a16fe_s
    どのような状況であろうとも経営者は会社を存続させる責任があります!売上を伸ばす絶対的な戦略を構築...
  3. arks_image
    開催趣旨本研修は昨年度、ある中小企業経営者からの発案により企画され、開催される運びとなりました。

塾生インタビュー

  1. 90kawai
    私の創新塾との出会いは、とある交流会で斎藤社長とお会いしたことがきっかけでした。
  2. 川本
    始めは卒塾できるのか不安でしたが、長いようで短かった15ヶ月間でした。
  3. 水越
    今現在やらなくてはいけないこと、やるべきことを気づかせて頂きました。