新着記事

革新コース92期生 – 株式会社エナジービジョン 奥山 恭之さん

k92_okuyama

「世界はパラレルワールドの集合体でできている」。
この認識が創新塾で学んだ成果です。

長年自分が仕事してきたフィールドとはまったく関わりがない異業種の経営者と深く交流することによって、様々な仕事があり、それらが集まって日本という国、ひいては世界が作られている、という認識を新たにしました。
それぞれまったく異なる商品を、それぞれの売り方で経営していることを知り、これまでほとんど意識していなかった世界を実感しました。
ともすれば自分の世界だけを絶対視しがちですが、視野を広げる良い機会となりました。

また、経営を数字で把握する、ということも一種、パラレルワールドでしょう。
損益計算書の売上と粗利、経常利益程度で会社を把握するのと、貸借対照表の数字も分析して把握するのとでは、会社の見え方がまったく異なります。
様々な数字の切り口で、会社を多面的に捉える、つまりパラレルな視点で把握することの重要性に気付かされました。

創新塾は真の経営者になるための入り口に過ぎません。しかし、なかなか踏み出せない最初の一歩としては、とても良い場所です。
経営とは、「もっと良い会社にしたい」という思いを具現化するためのすべての行動だと思います。
社長の思いだけで良くなる訳もなく、役員や社員、株主や顧客など関係者を巻き込んでいく必要があります。

それぞれの立場で見えている世界が違う、という意味では、やはりパラレルワールドな訳ですが、それを束ねてひとつの方向にまとめることが経営者の仕事、と覚悟を決めることができました。

関連記事

セミナー情報

  1. 数字
    中小企業のための「戦略的」会社の数字活用セミナー創新塾 塾長 高良 高 (たから たかし)教...
  2. arks_image
    開催趣旨自社の現状を踏まえた事実探究から突破口を見出すプロセスにおいて、多くのチームを一枚岩の団...
  3. ビジネスイメージ
    より早く!より正しく!成果につながる会社の数字~全員参加・経営視点を生み出す管理会計~...

塾生インタビュー

  1. 小島
    まず最初に私は小さい頃から経営者=お金持ち、偉い人、自由などのイメージをもっていました、そして経営者...
  2. k97_okumura
    創新塾の期間中、私はタイプの異なる会社を2つ経営していた。
  3. 赤坂
    高良さんからの電話で縁を感じ44期へ再受講で参加しました。