新着記事

中堅幹部コース48期生- 株式会社サニタ 鈴木俊昭さん

c48suzuki

創新塾中堅幹部コース全カリキュラムを通じての気づき

7回の講義で習ったこと全てが大事である。が、特に期待されていることは、数字として結果を出すということです。
中堅幹部の3大役割の中でも部門の目標達成を求められていると気づいた。

自分自身にとって特に良かったこと(成果として表れたこと など)

今までは数字のことや部下の育成のことを深く考えたことはなかったが、考えるようになった。
行動として、社長だったらこう考えるかなとか、上司だったらこうするかなと考えてから部下への指示をするようになったと感じる。

自分自身にとっての新たな反省点(未達成の目標 など)

最初の気づきでもあるように、数字としての結果を出せないままの異動。
今の店舗では12月までに数字を上げる。(目標は10人増やす、一人5,6万→50万UP)

同期生へのメッセージ

皆さん 年上で最初は緊張していたのですが、良い雰囲気を作ってくれて楽しく学ぶことができました。
せっかくの縁なので、いつかまた集まれる機会があったら嬉しいです。
ありがとうございました。

関連記事

セミナー情報

  1. 数字
    中小企業のための「戦略的」会社の数字活用セミナー創新塾 塾長 高良 高 (たから たかし)教...
  2. arks_image
    開催趣旨自社の現状を踏まえた事実探究から突破口を見出すプロセスにおいて、多くのチームを一枚岩の団...
  3. ビジネスイメージ
    より早く!より正しく!成果につながる会社の数字~全員参加・経営視点を生み出す管理会計~...

塾生インタビュー

  1. 小俣
    1年前の4月に創新塾70期に参加させていただいたのと同時に、当社でも新設業務部がスタートし部門の責任...
  2. 小泉
    最初の自己紹介文にあげている創新塾での目的は、数字に強くなり経営のテクニックを学びたいということでし...
  3. 掛巣
    塾に参加し、コーチングの基本スキル「考えることの大切さ」を実行しました。