新着記事

中堅幹部コース46期生- 株式会社SND 立石みな美さん

c46tateishi

創新塾中堅幹部コース全カリキュラムを通じての気づき

最大の気づきは、中堅幹部というのは会社の核になって行動の渦を巻き起こしていくということです。
今までは会社の核というと、社長を思い浮かべていましたが、自分が経営者の意識を持ち中心になり、周りを引っ張っていく意識を持つことの大切さを学びました。
また、会社のビジョンと自らの夢やビジョンをリンクさせて、5年後10年後どうような会社にしていきたいかを常に考えて、明確にしていきます。

自分自身にとって特に良かったこと

今回特に良かったことは、自分の内側と外側に対する意識改革をできたことです。
内側の改革は、自分が源泉、自分が全責任者という意識を持って行動できたことです。それにより、お客様やサプライヤーとの間に理不尽なことがあっても、腐らずに気持ちを切り替え、仕事をスムーズに進めることができました。
外側に改革は、まず自分が先頭に立ち行動を起こすことにより、周りの協力を得ようとしたことです。特に同僚との関わり方では同僚の得意な部分を最大限に発揮できるよう助け合えました。
その結果、うまく受注ができ、売上達成のひとつの要因になったと思います。

自分自身にとっての新たな反省点

反省点はインテリア事業部としてのビジョンを明確にできなかったことと、営業行動計画の中でも、いつまでにやるか期日を決めていないので、優先順位の低いものが埋もれてしまったことです。
今後は期日を決めることをポイントとして、決めたことは必ず実行していきます。

同期生へのメッセージ

それぞれ違う視点を持っていて、そういう考え方もあるのだと気付かされることが多く、大変刺激を受けた1年でした。
講義終了後の飲み会も楽しかったです。
定期的に開催できれば嬉しいです。

関連記事

セミナー情報

  1. 数字
    中小企業のための「戦略的」会社の数字活用セミナー創新塾 塾長 高良 高 (たから たかし)教...
  2. arks_image
    開催趣旨自社の現状を踏まえた事実探究から突破口を見出すプロセスにおいて、多くのチームを一枚岩の団...
  3. ビジネスイメージ
    より早く!より正しく!成果につながる会社の数字~全員参加・経営視点を生み出す管理会計~...

塾生インタビュー

  1. 城間
    創新塾への入塾前の23年3月11日東日本大震災から始まり、会社内の切り盛りと毎日に苦戦している中の入...
  2. 島村
    創新塾へ入塾させて頂いたことは、私にとって様々なことを感じた1年間でした。
  3. 高橋
    『自分が源泉、自分が全責任者』この言葉に、入塾の1年前まで夢を追いながらバイトをし、そのノリで会社に...