新着記事

中堅幹部コース43期生- 株式会社アクト 浪川政人さん

43namikawa

創新塾中堅幹部コース全カリキュラムを通じての気づき

中堅幹部の存在意義(三大役割)から始まり、リーダーシップ、マネジメント力と講義が進んでいきましたが、各内容が別の学びではなく最終的にリンクし合っている、全てが必要なことなのだというのが一番の気づきです。

自分自身にとって特に良かったこと(成果として表れたこと など)

部下の能力を引き出すための目標設定、フィードバック、コーチング、また日々のコミュニケーションの重要さ、塾の学びが集大成となって実感出来たのが、部下育成です。
実践的な所では、傾聴、質問、承認を日々意識出来るようになったことが成果として感じています。

自分自身にとっての新たな反省点(未達成の目標 など)

「問題解決力」にて全ての問題を拾い上げる事が出来た訳ではなく、参画プロジェクトについて向こう2年は継続を予定しており、未だに問題が潜んでいるため、引き続き取り組む。

同期生へのメッセージ

学びの場で一年間一緒に過ごすということが自身にとって久々であり、とても新鮮でした。ディスカッションや休み時間を通じてお互いの意見を正直に言える関係となり、とても感謝しています。
今回得た学びを継続していくこと、また後輩、部下へ継承していくことをお互い実践していきましょう。
一年間どうもありがとうございました。

関連記事

セミナー情報

  1. 3f5f9a579cc4c682d940a47c368a16fe_s
    どのような状況であろうとも経営者は会社を存続させる責任があります!売上を伸ばす絶対的な戦略を構築...
  2. 数字
    中小企業のための「戦略的」会社の数字活用セミナー創新塾 塾長 高良 高 (たから たかし)教...
  3. 担当講師 ㈱創新ワールド マネージャー  宮城加代子(みやぎかよこ)早稲田大学卒業後、㈱日本エル...

塾生インタビュー

  1. k92_furuyama
    私が創新塾92期生として入塾したのは「すごく良くわかる!会社の数字セミナー」に参加させて頂いたことが...
  2. 高橋
    昨年の9月に入塾したときの私を振り返ると、正直に「創新塾」に参加し、何を学ぶのか分からずスタートしま...
  3. 工藤
    入塾前の自分は、一言で言えば「何とかなるだろう」主義であった。