新着記事

革新コース93期生 – 株式会社カナケン 丸山哲司さん

93maruyama

近い将来の事業承継に向け、経営の根本を学びたいと考えたことが私の入塾動機です。

「創新経営者の心得」、「経営とは存続、存続とは革新」、「不易・流行・とんがり・コラボ・黒字・バランス」等どれも私の頭から離れない言葉であり、これからの道標となる言葉だと思っています。

創新塾で印象深かったことは、老舗企業である草加煎餅の株式会社いけだ屋さんの池田会長からお話を伺ったことです。

不易・流行の考えと社内一体化の重要性を伺えたことはとても勉強になりました。

そして、最重要課題をテーマに本質と突破口を真剣に検討したAIC会議では、それぞれが異業種でありながら、むしろそれだからこそあれだけ多くのアイデアが出るのだと感心しました。

これら創新塾で学んだことを礎として来るべき本番に向かって邁進していきたいと思います。

最後に高良塾長、斉藤社長、創新塾の皆様、そして93期同期の皆様に出会えたことが何よりも一番の財産だと思います。
本当にありがとうございました。今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

関連記事

セミナー情報

  1. arks_image
    開催趣旨自社の現状を踏まえた事実探究から突破口を見出すプロセスにおいて、多くのチームを一枚岩の団...
  2. ビジネスイメージ
    より早く!より正しく!成果につながる会社の数字~全員参加・経営視点を生み出す管理会計~...
  3. 3f5f9a579cc4c682d940a47c368a16fe_s
    どのような状況であろうとも経営者は会社を存続させる責任があります!売上を伸ばす絶対的な戦略を構築...

塾生インタビュー

  1. 宮田
    この度卒塾するにあたり入塾してからのことを考えてみると様々なことが浮かんできます。
  2. 小田真也
    この一年間、いろいろなことがあり、塾がもう終わってしまうのかと寂しく思うと同時に、一年前初めて同期の...
  3. 宇津
    私たちは創新塾を卒業することになりました。