新着記事

革新コース91期生 – 株式会社SND 小野 幹夫さん

91ono

昨年の1月31日日曜日に急遽前社長が他界し、月曜日即社員のまえで次のように話をしました。

この会社の方向性について3つの中で判断してください。1つは会社を倒産・廃業させる。2つめは、M&Aで他企業に買ってもらう。3つめは、私が社長になりこのまま会社を存続させるかです。

全員が3つ目の方向を選んでくださいました。その瞬間から私は腹をくくり、この社員のため事業のために全精力を注ごうと決意しました。なにも引き継ぎもなく突然事業をまかされたので、会社の過去の経緯、お客様、仕入れ先、経営状態など半年徹底的に調べました。

そして、半年後まず会社を立て直すには人だと思い、再度斉藤社長に連絡させていただき、社員研修からスタートさせ、私も2度目の経営塾にて勉強させていただくことになりました。

 今度は、30名の社員を抱えることになり、創新経営者の心得を毎日朝7時半より自分で唱和し、徹底的に腹に落とし込んで事業に当たりました。また社員も、私と同じ方向性の学びを塾で行っていただいた成果として、徐々に会社の理念を理解し、今まで点の会社組織が一本の線が見えるようになってきました。現在は、3人目の中堅幹部研修を5月よりスタートさせていただいております。

来年50周年を迎える企業として100年に向けてあと50年、この塾で教わったことを実践で活かし、会社の存続をかけて、事業にまい進したいと思っております。最後になりますが、本当に塾長をはじめ斉藤社長・創新塾の皆様そして全塾生の皆様ありがとうございました。感謝。

株式会社SND
http://www.ind-dia.com/

関連記事

セミナー情報

  1. 数字
    中小企業のための「戦略的」会社の数字活用セミナー創新塾 塾長 高良 高 (たから たかし)教...
  2. arks_image
    開催趣旨自社の現状を踏まえた事実探究から突破口を見出すプロセスにおいて、多くのチームを一枚岩の団...
  3. ビジネスイメージ
    より早く!より正しく!成果につながる会社の数字~全員参加・経営視点を生み出す管理会計~...

塾生インタビュー

  1. 水越
    会社にとって一番重要なものは「人」であり、なかでも軸になる「幹」になる社員が特に肝心で、この中堅幹部...
  2. 神尾
    81期がスタートする一週間前に、当社の社長から「創新塾で勉強してきなさい」と突然言われました。
  3. 城間
    創新塾への入塾前の23年3月11日東日本大震災から始まり、会社内の切り盛りと毎日に苦戦している中の入...