新着記事

革新コース77期生- 東京魚類容器株式会社 原 周作さん

原

東京魚類容器株式会社は1948年創業の古い会社です。私はその四代目社長に就任して一年目で創新塾に入塾しました。

入塾するまで、弊社には経営理念がありませんでした。経営理念を作る過程で、創業者である亡き祖父の日記を読み直し、創業者の思いを知ることができたり、従業員達と「どういう会社にしていくのか」について熱く語り合ったりしたことは、とても貴重な経験でした。これは日々の業務に忙殺されていたら、決して経験することはできなかったと思います。東京魚類容器株式会社の四代目として、経営理念を作ったことは、非常に有益で、大きな変化だったと思います。

「原周作」個人としては、AIC会議を通じて、他人には見えて自分には見えない「自分(本質)」を探究できたことが、かけがえのない経験となりました。同期の方達と一年間、共に勉強し、互いに信頼することにより、耳の痛いことでも素直に受け入れることができ、自己の成長に繋がったと思います。

自分の本質とは、自分の短所であり、その欠点を見つけることができたのは、同期との真剣な探究があったからこそです。AIC会議では、新たな課題も見つけることができました。
77期の方達とは、百年企業発表会、全員で挑戦したマラソン大会と、非常に思い出に残る体験ができました。

創新塾の皆様、同期の皆様、一年間、本当にありがとうございました。卒塾後、今回学んだことをいかに継続していくかが、自分の課題だと思っています。これからも、ご指導頂きたく、どうぞ宜しくお願い致します。

http://gyoruiyouki.com/

関連記事

セミナー情報

  1. 本セミナーは新型コロナウイルスの感染拡大に鑑み、開催を中止とさせていただくこととなりました。
  2. 働く女性
    担当講師 株式会社創新ワールド 倉橋 綾子(株)小田急ランドフローラに入社。
  3. ビジネスイメージ
    より早く!より正しく!成果につながる会社の数字~全員参加・経営視点を生み出す管理会計~...

塾生インタビュー

  1. 徳田
    まず、グループ討議、話し合いの大切さを痛感しました。
  2. 岩田
    今自分には何が必要で何をしなければならないかという「リーダーの5ション」を生きなければならないことに...
  3. 木内
    入塾して間もなく「リーマンショック」が騒がれ、私の会社も早々に入塾当時にたてた創新目標が達成不可能な...