新着記事

革新コース71期生- 露木建設株式会社 岸誠一郎さん

岸

2010年5月、当時の社長より、自身が末期癌の宣告を受けたこと、今後闘病生活に入るため、一時的に仕事を離れる旨の発表がありました。個人的には、社長と従業員の枠を超えた、2歳年上の公私にわたる良き先輩。利害を超え、一社員としての受け止め方以上のものが私にはありました。

就任3年、創新塾革新コース62期として、7月の卒塾を控え、会社の改革が少しずつ始まった矢先の出来事でした。200日の壮絶な闘病生活の末、37歳で旅立たれた社長。それから1か月後の東日本大震災。立て続けに価値観、考え方、在り方が大きく変わる出来事がありました。自身のポストに限らず、この会社のために徹しぬこう。亡き社長の分まで生き抜こう。同世代、志半ばで亡くなった社長。11年前に父を亡くした私と長男を亡くした当時の会長。そう決意するに十分な状況でした。

会社の命を受け、飛び込んだ71期。自分のずるさ、姑息さ、弱さと向き合いながら、会社経営の何たるか以上に、人格形成の鍛錬の場として、その1回1回に希望と不安が入り乱れ、翻弄されていました。良き仲間をつくること、これに尽きると感じるまでになれた同期の方々には本当に感謝しております。ポストではなく、本物の人、本気の人がいる会社が強い。わが社にとって、本物の人、本気の人に私自身がなるという自覚を持てたことが何よりの創新成果だと感じます。

理から事へ。ここからが本当の勝負です。ご縁あるすべての方々にお力を頂きながら、それに足る人格を磨き、『日日是創新』の精神で邁進して参ります。

月並みではございますが、関係するすべての方々に感謝申し上げます。今後の自身の成長と会社の発展をもって、ご恩返しさせて頂きます。

http://www.tsuyuki-kensetsu.co.jp/

関連記事

セミナー情報

  1. 数字
    中小企業のための「戦略的」会社の数字活用セミナー創新塾 塾長 高良 高 (たから たかし)教...
  2. arks_image
    開催趣旨自社の現状を踏まえた事実探究から突破口を見出すプロセスにおいて、多くのチームを一枚岩の団...
  3. ビジネスイメージ
    より早く!より正しく!成果につながる会社の数字~全員参加・経営視点を生み出す管理会計~...

塾生インタビュー

  1. 小林
    私の入塾のきっかけは、数年前に弊社でKYU研修を行って下さった際に、塾長より創新塾革新コースへ入塾を...
  2. 山崎
    この15ヶ月間ですが、本当にあっという間で、本当に濃い時間だったと思います。
  3. 小川
    最初にこういった場を提供して頂きまして、高良塾長、斉藤社長、創新ワールド関係各位、社長を始め自社の方...