新着記事

革新コース67期生- 石橋・西村国際特許事務所 西村 啓一さん

西村

この1年間、月1回とはいえ、丸一日、通常の業務から完全に離れて事務所の将来を考える時間が持てたことは、私には貴重でした。

また、毎回の課題は、通常の業務で手一杯と感じている私に、自分の限界を超えることでしか自分の成長が無いことを再認識させてくれるものでした。 さらに、愛情と冷静さとを持ち合わせている同期の仲間との出会いは、これから幾度となく悩むであろう私の財産です。

私は、日々、創業者から経営のタスキを受け継ぎながらも時代の変化に合わせて事務所の在り方を変えていくことの大変さを感じています。 ところが、入塾当初の私は、この大変さにまったく気付いていませんでした。入塾していなければ、私は、この大変さに気付かず、もし後に気付いたとしても、独りで途方に暮れていたことでしょう。 『今、あなたが抱えている問題は、今のあなたにとって必要な問題です』これは、塾長から教えて頂いたものです。

私は、今日で塾を卒業し、やっと塾の課題から解放されます。しかし、私が抱える課題は、この先も尽きることは無いでしょう。そんなとき、私は、塾長の言葉を思い出し、愛情ある同期の仲間に相談し、事務所スタッフの協力を得ながら、問題と向き合い解決していくことでしょう。

『かくすれば、かくなるものと知りながら、已むに已まれぬ大和魂』これは、私の故郷山口が生んだ幕末の志士、吉田松陰が詠んだ和歌です。これからの特許業界は、これまでとは違う役割を果たさなければ生き残れない激動の時代に突入します。その黎明期に生きる私は、松陰の勇敢かつ潔い精神に倣い、自分に正直に生ききって、ビジョンの実現に邁進していきます。

http://iplaw-firm.com/

関連記事

セミナー情報

  1. arks_image
    開催趣旨自社の現状を踏まえた事実探究から突破口を見出すプロセスにおいて、多くのチームを一枚岩の団...
  2. ビジネスイメージ
    より早く!より正しく!成果につながる会社の数字~全員参加・経営視点を生み出す管理会計~...
  3. 3f5f9a579cc4c682d940a47c368a16fe_s
    どのような状況であろうとも経営者は会社を存続させる責任があります!売上を伸ばす絶対的な戦略を構築...

塾生インタビュー

  1. 93maeda
    創新塾に入ったきっかけは何と言っても斉藤社長と営業の宮城さんの強い“営業”力によるものでした。
  2. 稲葉
    創新塾でこれまで7講義習ったことで気づいたことは自分に対しての意識改革が非常に大切で仕事だけでなく自...
  3. 山下
    創新塾で学んだことと思考して気付いたことで、「知る」ことができました。