新着記事

革新コース64期生- ネクストステージコンピューティング(株)  内山 勇治郎さん

内山

ついこの前(1月26日が第1回)入塾した様な、初日の塾室風景の記憶が鮮やかに残っている感じがしますが、早いもので11ヶ月が経ちもう卒塾式を迎える事になったのかと、これで終了とは、何か寂しい気持ちになりました。恐らく、たぶん、これだと云うものを、まだか掴めていないからだろう と。

この約1年の中で、いくつかポイントがありましたので、思い起こしてみました。

1つ目は、自社のとんがりは何かを書くということで、正直言って困りました、「とんがり特に無いね、とんがり無くてもいいじゃん」とも思ったりしましたが、とんがりの必要性や重要さを考えさせられました。次はビジョンでした、これも困ってしまいました。その時は自社の社員の4割ほどが仕事が無く、「あまり先の事考えられない」と云う気持ちが強かったのですが、「これではいかん」と気持ちを引き締め直して、ビジョンを創りました。3番目は、経営理念・理行です。こちらも、既に自社には在ったのですが、どうも“借りて来たネコ”?みたいで、ピントこないんです。良い機会だと思い、一所懸命取り組みさせて頂きました。4つ目は、AIC会議、これ結構シビアな意見も出て、自分の発表では、なかなか痛い処を突かれましたね、でも自己を見つめ直す良い機会でした、素直に受け止める事にしました。その他としては、リスクマネジメント講義です。ここでは自社のもろさを痛感しました、「何か手を打たなければ」とね。

途中から、仕事の忙しさも加わり課題(宿題)消化が、大変になって行きました。もう用紙が終わりに近づいて来ましたので、成果をまとめると「充実した1年だった、他で味わった事がない体験でした、これを機に学んだ事を成果(=会社存続)に結び付けて行く」と思っています。

関連記事

セミナー情報

  1. 働く女性
    担当講師㈱創新ワールド 取締役  宮城加代子(みやぎかよこ)早稲田大学卒業後、㈱日本エル・シ...
  2. 数字
    中小企業のための「戦略的」会社の数字活用セミナー創新塾 塾長 高良 高 (たから たかし)教...
  3. 数字
    中小企業のための「戦略的」会社の数字活用セミナー創新塾 塾長 高良 高 (たから たかし)教...

塾生インタビュー

  1. 岸
    2010年5月、当時の社長より、自身が末期癌の宣告を受けたこと、今後闘病生活に入るため、一時的に仕事...
  2. 杉林
    昨年10月からスタートした第35期ですが、この期間はあっという間に過ぎてしまった、というのが今の心境...
  3. 工藤
    入塾前の自分は、一言で言えば「何とかなるだろう」主義であった。