新着記事

革新コース63期生- 株式会社三浦屋 柴田 明彦さん

柴田

この研修を終了し、何が良かったと言えば仲間が出来た事だと思います。入塾のきっかけは、当社社長の勧めで入塾する事になりました。この年になり忙しい中何で今更一年間も研修などを受けなくてはいけないのかと思いました。

まず、塾長との面談で今回の研修はどのような業種・年齢層の参加かを確認したところ年齢は関係ないとおっしゃっていましたがやはり年齢を聞くと、私が一番の年長者で役職も私以外のみなさんは取締役だったので、かなり抵抗がありました。 研修を受ける度にメンバーと行動を一緒にすることにより年齢差も役職も感じなくなり自分もかなり若返った感じがして来ました。

研修の中で、異業種の方々との考え方の相違や新しい考え方など色々と議論が出来、非常に有意義な一日を過ごせたことが、自分にはとても役に立ったと思います。
卒塾してもこのメンバーと長い付き合いをして行きたいと思います。

講義内容に関しては、教室の中だけでなく外に出て企業訪問を行い皆で一つの課題に対して色々な面から観たり、普段自分では理解しているつもりだったはずのことが、理解していないことなどを再認識し非常にためになりました。中でもAIC会議などを行って自分では思ってもいなかったことなどを指摘しあったりしてとても勉強になりました。今後卒塾しても、忘れずに目標に向かって行動していき実現したいと思います。

最後にスタッフの方々には色々とお世話になり誠に有難う御座いました。

http://www.miuraya-jp.com/

関連記事

セミナー情報

  1. 3f5f9a579cc4c682d940a47c368a16fe_s
    どのような状況であろうとも経営者は会社を存続させる責任があります!売上を伸ばす絶対的な戦略を構築...
  2. arks_image
    開催趣旨本研修は昨年度、ある中小企業経営者からの発案により企画され、開催される運びとなりました。
  3. 数字
    中小企業のための「戦略的」会社の数字活用セミナー創新塾 塾長 高良 高 (たから たかし)教...

塾生インタビュー

  1. 宇佐美
    「気づき」という単純な言葉、しかしこの言葉の持つ意味は大きく、すべての行動の起点にこの気づきがなけれ...
  2. 荒木
    私が創新塾で学ぶことを決断するに至った二つのセンテンスがあります。
  3. 酒井
    短くもあり長くもあった15ヶ月でしたが、こうした入塾経験は初めてで、久々に刺激なりました。