新着記事

革新コース63期生- 山下建設株式会社 山下 康洋さん

山下

あっと、言う間の一年でした。一か月に一回の塾が楽しみでした。今は、知り合った、同期の仲間とお別れかと思うと、寂しい気持でいっぱいでございます。

それぞれの会社の代表者・責任者が、毎回精一杯の知恵をしぼり、頑張りました。毎回の宿題が、厳しい時もありました。

特に、ビジョンの絵は、慣れていなかったせいもあり、苦労をしました。同期の皆様の絵の説明を受けて、感銘した事は、昨日の事のようです。

経営の基本、ビジョナリー経営、理念理行経営、黒字バランス経営など、どれを取っても実務に直結する内容ばかりで、今後に生かしていく事ばかりだと、感じています。

AIC会議で、少しばかり、エキサイトしてしまいました。自分なりに真剣だった事が理由だと自負しています。ただ、斉藤社長をはじめ、皆様には、ご迷惑をお掛けした事をこの場を借りてお詫びを致します。

P/L、B/Sについて、わかり易く、教えて戴いた塾長。今までいろいろなセミナーに通いましたが、最も解り易い講義でした。イチロー・石川遼の実体験を基に、将来の夢と希望を与えて頂きましたね。ありがとうございました。

不動産・建設部会にも参加させて戴き、新しい友人も更に増えました。私にとっては、まさに財産です。

こんなにも多くの友人ができた事を誇りに思い、また、塾で学んだ事を実務に生かしていく事は、今後の私の課題であります

一年後のフォローアップ塾、こころより楽しみにしています。

一年間、本当にありがとうございました。

関連記事

セミナー情報

  1. 働く女性
    担当講師㈱創新ワールド 取締役  宮城加代子(みやぎかよこ)早稲田大学卒業後、㈱日本エル・シ...
  2. 数字
    中小企業のための「戦略的」会社の数字活用セミナー創新塾 塾長 高良 高 (たから たかし)教...
  3. 数字
    中小企業のための「戦略的」会社の数字活用セミナー創新塾 塾長 高良 高 (たから たかし)教...

塾生インタビュー

  1. 田村
    私は代表になって現状三期目になります。
  2. 小泉
    最初の自己紹介文にあげている創新塾での目的は、数字に強くなり経営のテクニックを学びたいということでし...
  3. 水越
    会社にとって一番重要なものは「人」であり、なかでも軸になる「幹」になる社員が特に肝心で、この中堅幹部...