新着記事

革新コース62期生-株式会社モデラート工房 佐川 博文さん

佐川

とうとう終了してしまうと言う寂寥感と心地良い充足感に浸っている今の私です。 
思えば入塾した頃はこのまま会社を続けるべきだろうか、それとも思い切ってやめてしまった方が家族や自分自身のためではないだろうかという段階から、高良代表や塾長のアドバイスを頂きようやく脱出出来たころで、さてこれから具体的にどうしようかと言う時期でした。 

実はそれまで経営とは我慢するものであり苦しいものだとずっと思っていました。 
ただAIC会議でも触れましたようにこれまでの人生で中途半端で終わっている事が余りにも多く、そういう自分を何とかしたいという思いで毎回出される塾の課題と向き合ってきました。 
実際にかなりしんどい思いもしました。 
ただそのお陰でこの様な充足感を味わうことが出来、信頼できる友ができた事は大きな自信に繋がりました。そして今では経営って結構楽しいことかも知れないと思える様になりました。 
特にAIC会議で皆さんのサポートを得ながら見出した自分自身の本質、またそれを打破するための突破口は、私の人生のベースキャンプとして一生の宝になるでしょう。 
本当にありがとうございました。 

このような機会を提供して頂いた創新ワールドの皆さん、そして毎月一日、一度に電話が3本鳴っても出られない様な不自由な状況を我慢してくれ課題提出にも協力してくれた工場長に、また仕事と課題で家に帰らず寂しい思いをさせて来たにもかかわらず常に応援してくれた家族に心から感謝いたします。

http://moderato-koubou.co.jp/

関連記事

セミナー情報

  1. ビジネスイメージ
    中小企業のための「戦略的」会社の数字活用セミナー創新塾 塾長 高良 高 (たから たかし)教...
  2. 数字
    中小企業のための「戦略的」会社の数字活用セミナー創新塾 塾長 高良 高 (たから たかし)教...
  3. 3f5f9a579cc4c682d940a47c368a16fe_s
    中小企業のための「戦略的」会社の数字活用セミナー創新塾 塾長 高良 高 (たから たかし)教...

塾生インタビュー

  1. 唐澤
    1年前の4月に創新塾70期に参加させていただいたのと同時に、当社でも新設業務部がスタートし部門の責任...
  2. 原田
    何事も挑戦と始めてみた創新塾。最後まで到達しなくともできる限りやってみよう。
  3. 滝戸
    中堅幹部に求められる行動が多岐に渡りあることがわかった。