新着記事

革新コース59期生-有限会社アスベストバスター  新垣義将さん

新垣

H21年1月15日木曜日に入塾して、もう1年が経とうとしています。改めて、時の流れの速さを痛感します。     H20年の12月に、私が宮城さんに創新塾の件で相談致しました。その相談とは、経営を行っていても、真の経営(目標を定め、成果を上げ続ける)には程遠い、すべてにおいて、成り行き経営だったからです。
暗闇のトンネルを全速力で走っている状況だとは感じていましたが、具体的にどうすればいいのか?わからず迷走して、経営幹部にも迷惑をかけました。大変申し訳ございません。

これではいけないと想い、創新塾の入塾を決めました。決めた理由がもう1つあります。
大事な事なのですが、もっとも注力しないといけない点だと思います。それは、経営幹部の育成及び専務と経営者の目的(目標)を、ひとつにすると言う事(経営者としての仕事と責任)。何の為に、会社を興し、これから未来に向かってどう会社を創り上げていくのか?と言う事が、確立されておらず迷走していました。
そこで、弊社の経営幹部3名に声をかけ、このままでは会社が倒産してしまうとの危機感から幹部を説得して3名で入塾しました。創新の教えでもあります。

会社とは、存続・革新と創造これに尽きると思いました。しっかり時代のニーズを読み常に革新と創造していかなければ存続は無い。
これからが、現在まで学んできた事を、真の経営で活かさねばならないと考えています。
今までの私は、時間に追われ、やる事を整理できずに、創新の宿題はいつも最後・・・そして未提出のものまで。自分に甘いのです。改めなければなりません。
決めた事は実行する。検証し、間違っていれば修正する。その先には、必ず会社の数値目標も達成できると信じています。必ず、小さな大企業にして見せます。

最後に私、比嘉専務、外間部長、手島さん、有限会社アスベストバスターを未来に向けて創り上げていきましょう。そしてこれからも共に、成長していきましょう。

関連記事

セミナー情報

  1. 担当講師 株式会社創新ワールド 倉橋 綾子大学卒業後、(株)小田急ランドフローラに入社。
  2. 働く女性
    担当講師 株式会社創新ワールド 倉橋 綾子(株)小田急ランドフローラに入社。
  3. ビジネスイメージ
    より早く!より正しく!成果につながる会社の数字~全員参加・経営視点を生み出す管理会計~...

塾生インタビュー

  1. 宍戸唯史
    まず入塾して、「南太平洋から生還せよ」で衆知経営を学んだおかげで、毎月の課題を自販機事業部全員に相談...
  2. 中西
    この度、創新塾を卒業することとなりました。
  3. 西川
    会社の業績も低迷しつつ、人材も定まらず育たない状態の中で悶々と日々を過ごしていた1年前、会社の経営成...