新着記事

革新コース57期生-株式会社トバリ 戸張裕康さん

戸張

わが社のとんがりはズバリ「人と商品です」。これが一番最初の「わが社のとんがり」という宿題で答えた私の意見です。今なぜか懐かしくこの文章を書いているときに見直しています。

また、不易・流行、とんがり・コラボ、黒字・バランス。これも結構好きです。経営とは「存続!」色々頭の中を駆け巡っています。長いようで短かったこの一年も人との出会い、自分との会話、探求が出来たことが一番の成果だったと思います。一番不足(自分に足りなかったもの)は「感謝」でした。

これから社長として改めてやっていくことはやはり年次計画、どこに向かって何をするのか?それはやってみて途中でずれていないか?あっているか?検証する。ずれていたらまた計画(プラン)を立てる。その繰り返し、反復がとても大切だと実感しております。

いままではやや匂い(感覚)だとか勝手な言い訳でこれらをやっていなかったことに反省をしております。それなのにそれなりに「いままで思ったとおりに来ている」ので、更に計画性も持ったらもっとスムーズに結果が出るのではと思います。「努力する」にも方向性がいるなと思いました。なんとなく通じました?トバリ的文章で書きました。

http://www.to-bally.com/

関連記事

セミナー情報

  1. 本セミナーは新型コロナウイルスの感染拡大に鑑み、開催を中止とさせていただくこととなりました。
  2. 働く女性
    担当講師 株式会社創新ワールド 倉橋 綾子(株)小田急ランドフローラに入社。
  3. ビジネスイメージ
    より早く!より正しく!成果につながる会社の数字~全員参加・経営視点を生み出す管理会計~...

塾生インタビュー

  1. 93maeda
    創新塾に入ったきっかけは何と言っても斉藤社長と営業の宮城さんの強い“営業”力によるものでした。
  2. 42ogata
    創新塾中堅幹部コース全カリキュラムを通じての気づき以前から経営の勉強は多少していたものの、バ...
  3. 岩間
    終わってみれば、一年というのはこんなにも短いものかと思いました。