新着記事

革新コース54期生- 有限会社 村松鈑金塗装  村松 孝次さん

村松

私にとって「創新塾」とは、今までの自分の考えや性格まで変えてしまったと言ってもいいと今は思えます。
2年前、私はまだ起業したばかりで経営に対してだけでなく全てのことに不安で自分ではいつも答えが出せず、周りを気にし、人の意見に左右されていました。

しかし、起業2年目を迎え、同じ2年目を迎えたくない、何かのきっかけになればと思い、入塾を決めました。
入塾時は、「経営なんて勉強したって役に立たないのではないか?」と思っていました。最初の頃の授業は経営についてでしたが、だんだん、内容も変わって経営者としての本質になって来た頃に54期と55期の合併というサプライズが私にいろいろな変化を与えました。その後、54.5期となり、人数が10人にもなると、意見や考えがたくさん出ました。授業ではぶつかることもありました。

でも、それが本当に心地いいんです。
なぜなら、10人全員が本当に相手の事を考え、悩んで意見してくれるなんて事は今まで経験したことがない事でした。
その結果、自分の考え方も変わり、常に相手の事を考え、自分の意思で判断し行動するようになりました。それも、この54.5期同期生に出会えたからだと確信しています。

創新では経営に対する事は教えてくれます。でも、ここで学ぶ事はそれだけではありません。それが何かはそれぞれの期によって違うと思いますが、大人になって「友情とは?思いやりとは?」をみんなが教えてくれました。
2年近い塾生活も今日で終わりです。でも、経営はこれからが本番です。長い間、本当にありがとうございました。

http://www.muramatsu-bp.jp/

関連記事

セミナー情報

  1. 担当講師 ㈱創新ワールド マネージャー  宮城加代子(みやぎかよこ)早稲田大学卒業後、㈱日本エル...
  2. 3f5f9a579cc4c682d940a47c368a16fe_s
    どのような状況であろうとも経営者は会社を存続させる責任があります!売上を伸ばす絶対的な戦略を構築...
  3. 働く女性
    担当講師 ㈱創新ワールド マネージャー  宮城加代子(みやぎかよこ)早稲田大学卒業後、㈱日本エル...

塾生インタビュー

  1. 縣
    中堅幹部としての在り方を1年間じっくり考えることが出来ました。
  2. 中村
    中堅幹部の役割として、経営的視点から物事をみる癖付けが必要なことを学んだ。
  3. 山本
    まず、学び・気づきとしての成果は、「とんがり」の大切さと難しさを知ったこと、「自分をトコトン信じるこ...