新着記事

革新コース53期生-東興資材工業㈱ 中澤雅孝さん

中澤

自分の中での「学び」って何だろう?って、ずっと考えていた。それは大きく“3つ”に分類できる。
1)自身の反芻(反省)をする。
2)具体的に先のアクションを創造する。
3)ネットワークを拡げる。

今回は2)と3)を目標に参加してきた。しかし、自身のAIC会議の際に、前回よりも「ボロボロ(笑)」になっている自分を発見した。だから何も、創新していないのか?否。明らかにネットワークを広く築くことには積極的で、それらの「カウント」も取れる仕組みもできてきた。

しかし、何か(?)が足りない。何なんだろう!いつも表裏一体のように「自信のある(やる気)」のある自分とまったくリーダー・シップの取れない(舵取りのできない船長)自分とがいます。第53期の創新塾の“核”となるテーマは【リーダーシップ】であった。自分はいつもこのテーマからずっと逃げてきたと思う。「①夢を語る」→夢なんて・・・(必要ない)or(持っていない)?!「②想いを伝える」→苦手です(ハイ)。

しかし、<“熱”伝導(伝播率)>は人々のやる気を起こさせる。このことを痛切に感じさせられた1年でした。人々の“パッション”を上昇気流にのせるためには、200%いや。400%の「情熱(パッション)」で語り続けなければ、どんな仕組みをつくろうが・・・何を学んでも・・・結果オーライにはならない!と痛感した。

http://www.packtoko.co.jp/

関連記事

セミナー情報

  1. 3f5f9a579cc4c682d940a47c368a16fe_s
    どのような状況であろうとも経営者は会社を存続させる責任があります!売上を伸ばす絶対的な戦略を構築...
  2. arks_image
    開催趣旨本研修は昨年度、ある中小企業経営者からの発案により企画され、開催される運びとなりました。
  3. 数字
    中小企業のための「戦略的」会社の数字活用セミナー創新塾 塾長 高良 高 (たから たかし)教...

塾生インタビュー

  1. 原田
    何事も挑戦と始めてみた創新塾。最後まで到達しなくともできる限りやってみよう。
  2. 長谷川
    思えばあっという間の15ヶ月間でした。
  3. 橋口
    私は公認会計士・税理士という職業会計人でありながら、前職では経営者の立場で会社の倒産という苦い体験を...