新着記事

革新コース53期生-東興資材工業㈱ 中澤雅孝さん

中澤

自分の中での「学び」って何だろう?って、ずっと考えていた。それは大きく“3つ”に分類できる。
1)自身の反芻(反省)をする。
2)具体的に先のアクションを創造する。
3)ネットワークを拡げる。

今回は2)と3)を目標に参加してきた。しかし、自身のAIC会議の際に、前回よりも「ボロボロ(笑)」になっている自分を発見した。だから何も、創新していないのか?否。明らかにネットワークを広く築くことには積極的で、それらの「カウント」も取れる仕組みもできてきた。

しかし、何か(?)が足りない。何なんだろう!いつも表裏一体のように「自信のある(やる気)」のある自分とまったくリーダー・シップの取れない(舵取りのできない船長)自分とがいます。第53期の創新塾の“核”となるテーマは【リーダーシップ】であった。自分はいつもこのテーマからずっと逃げてきたと思う。「①夢を語る」→夢なんて・・・(必要ない)or(持っていない)?!「②想いを伝える」→苦手です(ハイ)。

しかし、<“熱”伝導(伝播率)>は人々のやる気を起こさせる。このことを痛切に感じさせられた1年でした。人々の“パッション”を上昇気流にのせるためには、200%いや。400%の「情熱(パッション)」で語り続けなければ、どんな仕組みをつくろうが・・・何を学んでも・・・結果オーライにはならない!と痛感した。

http://www.packtoko.co.jp/

関連記事

セミナー情報

  1. 本セミナーは新型コロナウイルスの感染拡大に鑑み、開催を中止とさせていただくこととなりました。
  2. 働く女性
    担当講師 株式会社創新ワールド 倉橋 綾子(株)小田急ランドフローラに入社。
  3. ビジネスイメージ
    より早く!より正しく!成果につながる会社の数字~全員参加・経営視点を生み出す管理会計~...

塾生インタビュー

  1. 小泉
    最初の自己紹介文にあげている創新塾での目的は、数字に強くなり経営のテクニックを学びたいということでし...
  2. 臼田
    昨年7月より39期生として参加させていただき、みなさんとつきに1回の勉強に65才の自分がついていける...
  3. 水野
    私は塾の中では常に問題児で、アウトロー的な存在でしたが、私なりに塾に参加し、気づくことなどもあり、そ...