新着記事

革新コース53期生-宮園交通㈱ 川村能正さん

川村

経営は存続であると塾長が第一回に定義して下さりました。この定義は私にとっても理解を同じくするものでありました。創業と守成にあるように、既に存在を始めたからには創業の難は往けりです。

全社一丸となって取り組む課題は守成にあると考えております。

しかしながら、戦後最長の景気がいよいよ陰りを見せてきた最近になってきて、自社の状況に難を感じる様相を見せてきて、成長指向は存続に不可欠なのだろうと気付く様になりました。

変化の激しい経営の現場にあっては全力の駆け足をすることがやっと現状維持になるのだと改めて気付かされました。

http://www.miyazono.jp/

関連記事

セミナー情報

  1. ビジネスイメージ
    どのような状況であろうとも経営者は会社を存続させる責任があります!売上を伸ばす絶対的な戦略を構築...
  2. 数字
    中小企業のための「戦略的」会社の数字活用セミナー創新塾 塾長 高良 高 (たから たかし)教...
  3. 3f5f9a579cc4c682d940a47c368a16fe_s
    どのような状況であろうとも経営者は会社を存続させる責任があります!売上を伸ばす絶対的な戦略を構築...

塾生インタビュー

  1. 45iwasaki
    創新塾中堅幹部コース全カリキュラムを通じての気づき3年前までは自分が一部門の部下だったが、今...
  2. 39inoue
    1、創新塾中堅幹部コース全カリキュラムを通じての気づき創新塾中堅幹部セミナーを通じて気づけたこと...
  3. 高良
    自分が源泉という考え方から行くと中堅幹部という言葉は存在しないのかも知れません。