新着記事

革新コース45期生-プルデンシャル生命保険㈱ 黒澤秀樹さん

黒澤

高良塾長との運命的な出会いから私の創新塾での学びが始まり、早いもので今日で卒塾である。私がこの塾で学んだもの。

1.決めたことは有言実行
この「有言」という力は物凄い。周りに宣言してしまえば、自ずと周りの目にさらされて、やらざるを得ない状況になる。毎朝四時起床の習慣から、現在も朝方人間を継続でき、仕事を朝からこなす体勢が出来上がった。

2.自分は何のために働いているか。
これは日々当たり前のように、無我夢中で働いている自分に立ち止まって考えるきっかけとなった。高良塾長の「黒澤さんの十年後はどうなっているの?」という質問に即答できない自分がいて、その回答を見つけるための創新塾入塾であった。今でも明確ではない部分もありますが、少なくとも今の仕事、今の瞬間に全力を注ぐ、ということを確認できた。

3.仲間との出会い
四十五期の同期との関係が自分にとっては人生にかけがいのない出会いとなった。さらに同期以外でも、ネットシティ役員の仲間をはじめ多くの方々と知り合うことができた。同期に対しては、厳しいことも敢えて言わなければならない場面もあり、そのときは「自分に正直に」意見を言うよう心がけた。これも塾で言う「正直に真実を伝える」という学びからである。

4.とんがりの重要性
恥ずかしながら塾に来るまで、自分自身はある程度特色のある人間だと思っていた。しかし、塾に通い「とんがり」について考えたとき、大したものは自分にはないことがわかった。自分自身の少し「とんがった」部分を誰もついて来れないくらい磨き上げ、本当の「とんがり」にこれからしていく決意です。

これまでお世話になりました。これからしばらくネットシティの役員として引き続きお世話になります。感謝。

関連記事

セミナー情報

  1. 3f5f9a579cc4c682d940a47c368a16fe_s
    どのような状況であろうとも経営者は会社を存続させる責任があります!売上を伸ばす絶対的な戦略を構築...
  2. 数字
    中小企業のための「戦略的」会社の数字活用セミナー創新塾 塾長 高良 高 (たから たかし)教...
  3. 担当講師 ㈱創新ワールド マネージャー  宮城加代子(みやぎかよこ)早稲田大学卒業後、㈱日本エル...

塾生インタビュー

  1. 長野
    私は3年前に現在の会社に入社し昨年現在の課長職となり5名の部下を任されております。
  2. 宇佐美
    「気づき」という単純な言葉、しかしこの言葉の持つ意味は大きく、すべての行動の起点にこの気づきがなけれ...
  3. 吉田
    いきなりですが人の縁とは誠に不思議であり、今日この日を迎えたのも、ちょっとした縁がきっかけでした。