新着記事

革新コース42期生-有限会社ヤスダ塗装 山形久子さん

山形

15ヶ月間、お世話になりましてありがとうございました。「創新経営者の心得」によって創新塾15回のカリキュラムに参加することができ、また毎月の創新目標、突破口宣言を実行することも出来ました。

経営とは存続-創新である。という事とその下に6つの項目「不易・流行・とんがり・コラボ・黒字・バランス」は一番心に刻まれている気づきです。

また「とんがり=他に真似のできないもの」は大変難しく悩みに悩み抜いてできました。

経営理念が企業の存続に重要であるということを始めて知り、経営理念とは経営におけるもっとも大切にすべき価値観や信条であり、すべての判断、選択の土台となるものであるということが解り、自社の経営理念を作ることができました。

ビジョンとは、会社や人生の将来あるべき姿を確固たるものにし実現のために明確に目標を設定し情熱を持って常にそのビジョンに行き続けることでありますが、本当にビジョンに向かってゴールを設定することは自分にとって生きる目的、経済的、人的豊かさ、価値観、成長、社会貢献、諦めない気持ちなどが培われます。

経理、財務関係の数字がまったくわかっていませんが、来期4月より、経理ソフトを導入し、毎月の試算表が算出できるようにし、経営計画書の数字が理解できるようにします。そして、どんぶり勘定や行き当たりばったり経営から抜け出すことにより、健全経営を目指します。

会社が抱える問題点、自分自身の向上、社内の人間関係というような事柄で入塾しましたが、会社の存続創新にたいする情熱は誰にも負けません。

塾で学んだことをこれからの経営に反映させて行きますが、経営理念を土台にして会社の体制立て直しと業績アップ、ビジョンに向かって、会社全体が一丸となってベクトルを一致させることが重要です。

限られた時間の中で私自身の人生理念「情熱・素直・感謝」で新年を持って成果を出し続けて行く所存です。

関連記事

セミナー情報

  1. 本セミナーは新型コロナウイルスの感染拡大に鑑み、開催を中止とさせていただくこととなりました。
  2. 働く女性
    担当講師 株式会社創新ワールド 倉橋 綾子(株)小田急ランドフローラに入社。
  3. ビジネスイメージ
    より早く!より正しく!成果につながる会社の数字~全員参加・経営視点を生み出す管理会計~...

塾生インタビュー

  1. 岸
    2010年5月、当時の社長より、自身が末期癌の宣告を受けたこと、今後闘病生活に入るため、一時的に仕事...
  2. 創新塾に入塾して2年、早かったような長かったような塾生活が今終わろうとしています。
  3. 小林
    私の入塾のきっかけは、数年前に弊社でKYU研修を行って下さった際に、塾長より創新塾革新コースへ入塾を...