新着記事

革新コース42期生-クルーズハイドロリクス 荒木慶太さん

荒木

11月に入塾してからあっという間に15ヶ月が経ってしまった気がします。

自分では恥ずかしい話「経営」というものを理解していませんでした。というより全く気にした事が無かったと言ったほうが正しいかも知れないです。

入塾前は、「成果を上げる」「スタッフをやる気にさせる」という感じで漠然とした考えだけでした。しかし、創新塾に入塾してから自分の意識が変わりました。目標を持ってそれを達成するには「何をすべきか」という考えを常に持てるようになりました。

AIC会議では、自分では考えもしなかった事やアイデア、そしてコミュニケーションの大切さを教えていただきました。それだけでなく、自分の問題点、会社の問題点など改善していかなくてはいけない事、42期の皆様が真剣になって考えてくださったことに感動しました。

自分なりのスピードですが、経営という言葉だけでなく中身も一歩も二歩もそれ以上に前進したと思います。まだまだ勉強する事は沢山ありますが、「ビジョン」をしっかりと持ち続け、創新塾で学んだ事を忘れず、次皆様に会った時に”何か”を感じさせる”経営者”になれる様に突っ走っていきたいと思います。

ありがとうございました。

http://www.hyd.co.jp/crues/

関連記事

セミナー情報

  1. arks_image
    開催趣旨自社の現状を踏まえた事実探究から突破口を見出すプロセスにおいて、多くのチームを一枚岩の団...
  2. ビジネスイメージ
    より早く!より正しく!成果につながる会社の数字~全員参加・経営視点を生み出す管理会計~...
  3. 3f5f9a579cc4c682d940a47c368a16fe_s
    どのような状況であろうとも経営者は会社を存続させる責任があります!売上を伸ばす絶対的な戦略を構築...

塾生インタビュー

  1. 原
    東京魚類容器株式会社は1948年創業の古い会社です。
  2. 神尾
    81期がスタートする一週間前に、当社の社長から「創新塾で勉強してきなさい」と突然言われました。
  3. 水越
    会社にとって一番重要なものは「人」であり、なかでも軸になる「幹」になる社員が特に肝心で、この中堅幹部...