新着記事

革新コース40期生-㈱ザイン組織開発研究所 高橋秀子さん

高橋

昨年の9月に入塾したときの私を振り返ると、正直に「創新塾」に参加し、何を学ぶのか分からずスタートしました。

「経営とは?」と聞かれ「私は経営者ではない」という思いで参加していたのも事実です。ただ今考えると、こんな私だから参加する意味があったのだと今は思います。

当初自分で決めた「創新目標」は本当の目標ではないことを、「AIC会議」をおこなったことにより、気付きました。

「経営者の意識を持つ」これが自分では「創新目標」であると捉えています。AIC会議の中で取り扱われた私自身のこと。色々な思いが思い出されますが、来年に向けての自分の方向性が明確になったきっかけの日です。

来年1月1日より「取締役」として経営に参画することになりました。

経営とは存続である。今後はこのことに責任ある立場として発言し、また行動も共っていかなければと、責任の重さを感じています。創新塾で学んだ「経営」の考えをベースに、一歩ずつ前に進んで行くことを決意しています。

関連記事

セミナー情報

  1. 働く女性
    担当講師㈱創新ワールド 取締役  宮城加代子(みやぎかよこ)早稲田大学卒業後、㈱日本エル・シ...
  2. 数字
    中小企業のための「戦略的」会社の数字活用セミナー創新塾 塾長 高良 高 (たから たかし)教...
  3. 数字
    中小企業のための「戦略的」会社の数字活用セミナー創新塾 塾長 高良 高 (たから たかし)教...

塾生インタビュー

  1. 金井
    早いもので一年という期間が過ぎてしまいました。
  2. 大石
    何よりも原点であるビジョン、会社の存続、自分の存在意義はとても重なり合うかたちで大切な軸となると認識...
  3. 原
    東京魚類容器株式会社は1948年創業の古い会社です。