新着記事

革新コース39期生-㈱福井銀行 山本伸之さん

山本

まず、学び・気づきとしての成果は、「とんがり」の大切さと難しさを知ったこと、「自分をトコトン信じること」「トコトンやりきること」の大切さと難しさを知ったこと。この2つが大きな成果と感じています。
次に、行動としての成果は、“理念”“ビジョン”“行動指針”に絶えず立ち返りながら、行動できたことだと感じています。仕事においては、東京・首都圏の市場の大きさ・競争の激しさを実際に肌で感じながら、いろんなチャレンジができたこと、無限の可能性を実感できたことが、とても有意義でした。また仕事以外においても、将来の目標に向けて、いろんなチャレンジができたことのしあわせを実感しています。
今後はさらに、“本当に大切なことは何?”“本当にしたいことは何?”と絶えず自問自答しながら“今に集中する!”を実践していきます。そして、行動指針として以下の3点にこだわっていきます。
① 情熱を持って、人に関わり、物事に当たる!
② 本当に手に入れたいものを手に入れる!
③ 楽しく、刺激的な人生を生きる!
具体的には、創新探求資料、創新経営計画書をベースにして、期限を決めて、チャンクダウンして、実行していきます。
15ヶ月間の後半には、家庭の事情で一時中断することを選択しましたが、自分の足元を見つめ直すいい機会になったと受け止めています。その際に塾長、斉藤さん、39期の皆さまにご心配をおかけしたことにもかかわらず、あたたかい励ましをたくさんいただき心から感謝しています。出会えた縁のありがたさを実感しています。今後もこの縁を大切にしながら、創新塾の卒塾を、終わりではなく、新たなスタートとして捉え、学んだこと、気づいたことを、活かしていきます。
15ヶ月間本当にありがとうございました。

関連記事

セミナー情報

  1. ビジネスイメージ
    より早く!より正しく!成果につながる会社の数字~全員参加・経営視点を生み出す管理会計~...
  2. 3f5f9a579cc4c682d940a47c368a16fe_s
    どのような状況であろうとも経営者は会社を存続させる責任があります!売上を伸ばす絶対的な戦略を構築...
  3. arks_image
    開催趣旨本研修は昨年度、ある中小企業経営者からの発案により企画され、開催される運びとなりました。

塾生インタビュー

  1. 宮下
    まず、自分自身の問題として、第一に自分を客観的に見つめることが出来ました。
  2. k95_akiba
     私が創新塾に入ろうと決意したのは今から1年半前に研修で、高良塾長との出会いと一言でした。
  3. 高橋
    『自分が源泉、自分が全責任者』この言葉に、入塾の1年前まで夢を追いながらバイトをし、そのノリで会社に...