新着記事

革新コース38期生-株式会社大垣鉄工所 大垣栄さん

大垣

短くも、また長くとも取れる15ヶ月間の創新塾、私自身振り返ると今以上の努力が必要であるというのが実感です。 先行き不透明な世の中で、常に会社をベストな状態にキープする難しさ、それを実現する為の自分自身のあり方などまだまだだなぁというのが本音です。

私自身、創新目標を3項目掲げました。

・製造過程を一部ノルマ制にする

・作業効率をアップさせる為の努力をする

・創新塾修了2005年9月までに新規取引先を2社以上開拓する

現在35%の達成となり今後努力が必要です。いずれにしても目標は社員と常に協力し合い、その為のリーダーたる存在価値は何であるか、自分を源泉として如何に協調するかが、今後の課題となりそうです。15ヶ月の間、皆様のご協力のもと私自身努力することで成果とさせていただきたく思っておる次第です。

今後ともに宜しくお願い申し上げます。

関連記事

セミナー情報

  1. arks_image
    開催趣旨自社の現状を踏まえた事実探究から突破口を見出すプロセスにおいて、多くのチームを一枚岩の団...
  2. ビジネスイメージ
    より早く!より正しく!成果につながる会社の数字~全員参加・経営視点を生み出す管理会計~...
  3. 3f5f9a579cc4c682d940a47c368a16fe_s
    どのような状況であろうとも経営者は会社を存続させる責任があります!売上を伸ばす絶対的な戦略を構築...

塾生インタビュー

  1. 小原
    私が創新塾で学ぶ前は、リーダー、店長とは、いったい何をするべきなのか?どういう事をしたら良いのか?と...
  2. 宮園
    創新塾で勉強させてもらってから、「革新と創造」を意識して仕事をするようになりました。
  3. 片倉
    以前、勤めていた会社が倒産し、そのときのようにお客様を裏切ることがあってはならないと独立を決意、3期...