新着記事

革新コース35期生-株式会社アルファメディア 杉林 輝一さん

杉林

昨年10月からスタートした第35期ですが、この期間はあっという間に過ぎてしまった、というのが今の心境です。

結論から申しますと、塾生の皆様や会社の期待に応えられるような華々しい成果などはありません。

むしろ、やっとスタート地点に辿り着いたのではないかとさえ思えます。

この期間は人の移動も例年になく激しく、私自身も何度となく部署・業務が変わり、自身の着地点が定まらない時期もありました。会社の変化につれて任される人数が増え、責任が大きくなるにつれ経営会議に参加することになり社長や上司である部長の日々の姿を見ながら経営者は何をしているのか、何を日々考えているのか、経営者の立場・視点というものが少しずつ見えてきた─やっと彼らの考えていることが分かってきたと思えるようになった、というのが偽らざる心境です。そんなことでは困る、と言われそうですが。

この期間にできたことと言えば、なんとか自社製品「かいけつ就業」を製品として世に送り出せるところまで持って来られたことです。もちろん製品としてはまだまだ向上の余地が残されており(商品が存在する限り向上は続きますが)、今後さらに精度を上げ、ユーザのニーズに応えていく使命があります。

これからは如何にして自社製品を販売拡大し、自社とユーザがそれぞれの利益を生む製品として供給していけるか、事業として自社製品販売を成り立たせると同時に如何に人事ソリューションの重要性を伝え広めていくかが取り組むべき課題と考えています。

振り返ってみて一番身に滲みたのは、自分の未熟さでしょうか。本当なら塾生であるうちに出来れば良かったことやっとこれから始めるところにいるのではと感じます。自分が何が出来ていないのかを見極めてできることから始めていくしかない、という心境です。

関連記事

セミナー情報

  1. ビジネスイメージ
    より早く!より正しく!成果につながる会社の数字~全員参加・経営視点を生み出す管理会計~...
  2. 3f5f9a579cc4c682d940a47c368a16fe_s
    どのような状況であろうとも経営者は会社を存続させる責任があります!売上を伸ばす絶対的な戦略を構築...
  3. arks_image
    開催趣旨本研修は昨年度、ある中小企業経営者からの発案により企画され、開催される運びとなりました。

塾生インタビュー

  1. 甲斐
    はじめに、私に創新塾への道を開いて下さった当社の山下社長に感謝の思いをお伝え致します。
  2. 山田
    毎回、自分は出来ていないことばかりでした。
  3. 唐澤
    普段、経営者以外の異業種の方と接する機会が多くはないため、今回中堅幹部塾との出会いは良い経験にな...