新着記事

中堅幹部コース9期生- コベルコクレーン㈱ 中村 敏志さん

中村

中堅幹部の役割として、経営的視点から物事をみる癖付けが必要なことを学んだ。

結局、日々の仕事は会社をあるべき姿に近づけるための手段であり、特に管理職にそのことを意識させる必要があることを知った。現在の業務では、研修において管理職から若手にわたって、各スキルのバランスを取るような構成にするよう意識している。自分自身、特に良かったこととして、モチベーションが高いときは、自己の担当外のエリアまで手を広げて業務を行なうようになった。

最後に同期の皆さんへ。非常に個性派集団だったので、楽しく研修することが出来ました。研修期間中、何度か懇親会に参加できなかったのが残念です。今後とも宜しくお願いします。

http://www.kobelco-cranes.com/jp/

関連記事

セミナー情報

  1. arks_image
    開催趣旨本研修は昨年度、ある中小企業経営者からの発案により企画され、開催される運びとなりました。
  2. 数字
    中小企業のための「戦略的」会社の数字活用セミナー創新塾 塾長 高良 高 (たから たかし)教...
  3. 3f5f9a579cc4c682d940a47c368a16fe_s
    どのような状況であろうとも経営者は会社を存続させる責任があります!売上を伸ばす絶対的な戦略を構築...

塾生インタビュー

  1. 高良
    今までは自分自身のみの成長しか考えなかったが全体のバランスが大切ということを学んだ。
  2. 大石
    何よりも原点であるビジョン、会社の存続、自分の存在意義はとても重なり合うかたちで大切な軸となると認識...
  3. 宮田
    この度卒塾するにあたり入塾してからのことを考えてみると様々なことが浮かんできます。