新着記事

中堅幹部コース4期生- ワールドピーコム㈱ T.Aさん

中堅幹部はどうあるべきか?頭のレベルではなく自分の意識の中に落とし込むことが出来た。会社の理念や考え方を人前で説明できるようになった。

現在新規事業の立ち上げを現場レベルで責任者を任されていますが、多々、迷いや行き詰まりに直面します。その際に会社の理念を再度自分自身に問いかけてみたり塾で学んだ事柄を実践することで、解決の糸口を掴んだことが幾度がありました。

今後は自分自身が大きな渦となってPDCAサイクルをうまく回して行き、仕事をまとめて行きたいと思います。

同期は異業種ということで非常に刺激を受けました。
是非、同窓会を開きましょう。

http://www.worldpicom.com/

関連記事

セミナー情報

  1. 3f5f9a579cc4c682d940a47c368a16fe_s
    どのような状況であろうとも経営者は会社を存続させる責任があります!売上を伸ばす絶対的な戦略を構築...
  2. 数字
    中小企業のための「戦略的」会社の数字活用セミナー創新塾 塾長 高良 高 (たから たかし)教...
  3. 担当講師 ㈱創新ワールド マネージャー  宮城加代子(みやぎかよこ)早稲田大学卒業後、㈱日本エル...

塾生インタビュー

  1. 40masuda
    1.創新塾中堅幹部コース全カリキュラムを通じての気づき出来ていると思い込んでいて、実は出来て...
  2. 加藤
    中堅幹部の存在が企業にとっていかに重要であるかということに気づかされました。
  3. 鈴木
    3年前に私は弟(鈴木章弘)と共に高良明代表、高良高塾長から創新塾の説明を受け、義弟はその場で入塾を決...