新着記事

中堅幹部コース32期生- ㈱ネットワーク 柳沼悟さん

柳沼

創新塾中堅幹部コース全カリキュラムを通しての気づき
私自身、今までの現場プロジェクトのリーダーという立場でしか物事を考えておりませんでしたが、私の役割として
・会社のビジョンを理解し、部下に伝える立場であること。
・会社の経営状態を把握し、次の行動を提案する立場であること。
であることに気づかされました。

自分自身にとって特に良かったこと
研修の中で学んだ「経営財務羅針盤12の指標値」について、実際に自社の数字を計算し、会社の強い部分・弱い部分を把握できたことです。また、前年度の数値でも計算し比較することで、会社の成長具合も把握できました。またこの内容について、自社の全体会議の中で説明することで、社員へ理解していただくことができました。

自分自身にとっての新たな反省点
今回の研修において一番学びたかったのは「部下の育成」です。私には数人の部下がいますが、部下への仕事の教え方やコミュニケーションの取り方などを学ぶことができました。学んだ中で特に印象に残っているのは「部下の短所を叱るよりも部下の長所を多く褒めてやることで、部下の短所も少しずつ良くなっていく」ということです。
これについては、私自身の中で今まで出来ていなかった部分でもあり、今後続けていく必要がある内容でした。また、これは子供に対しても同様であり、私生活の中でも意識して行動していきます。

同期生へのメッセージ
社会人になってから、仕事場以外では人と出会う機会が少なくなっている中で、この研修において新たに出会いを経験できました。
研修後も何度か食事に行ったりさせていただいておりますが、皆さんとはとても良い間柄になることができました。是非、研修が終了してもお付き合いを続けていきたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

http://www.netwrk.co.jp/

関連記事

セミナー情報

  1. 本セミナーは新型コロナウイルスの感染拡大に鑑み、開催を中止とさせていただくこととなりました。
  2. 働く女性
    担当講師 株式会社創新ワールド 倉橋 綾子(株)小田急ランドフローラに入社。
  3. ビジネスイメージ
    より早く!より正しく!成果につながる会社の数字~全員参加・経営視点を生み出す管理会計~...

塾生インタビュー

  1. 小島
    まず最初に私は小さい頃から経営者=お金持ち、偉い人、自由などのイメージをもっていました、そして経営者...
  2. 89ozaki
    昨年89期生として入塾した際、弊社ヒーリングの森は、企業全体として大幅な赤字経営であった。
  3. 黒田
    長いようで短い創新塾での15ヶ月間、今思えばあっと言う間に過ぎたような感じです。