新着記事

中堅幹部コース14期生- ㈲タッドポール 田中仁さん

田中

まだまだ不況といわれる昨今で、低料金理髪のオプションメニューを取り入れたいとスタッフより提案がありました。
「何をする」から話し合い、数字の目標、店内POPまでオリジナルで進める上で、受講したPDCAサイクルの学びを参考にしました。

軌道に乗りはじめ、成果となって表れつつあります。中堅幹部とはトップではありません。
自分が物事が中心にいるという事です。創新塾での一番の気付きです。

理容業という一日の半分以上の時間をスタッフと共にする現場では、いかにコミュニケーションが大切かが解っていても、上手く伝えられず、意見の共有や関係を円滑にする事、愉しく働くという自身の中心としての役割が甘かったと感じます。
今後店内において円滑なコミュニケーションがはかれるようにしていきます。

14期の皆さん、塾での学びを活かして更なるご活躍を祈っております。

関連記事

セミナー情報

  1. arks_image
    開催趣旨自社の現状を踏まえた事実探究から突破口を見出すプロセスにおいて、多くのチームを一枚岩の団...
  2. ビジネスイメージ
    より早く!より正しく!成果につながる会社の数字~全員参加・経営視点を生み出す管理会計~...
  3. 3f5f9a579cc4c682d940a47c368a16fe_s
    どのような状況であろうとも経営者は会社を存続させる責任があります!売上を伸ばす絶対的な戦略を構築...

塾生インタビュー

  1. 宮里
    はじめに私が、創新塾を受けようと思ったきっかけですが、たまたま取締役セミナーを受ける機会があり、これ...
  2. 43namikawa
    創新塾中堅幹部コース全カリキュラムを通じての気づき中堅幹部の存在意義(三大役割)から始まり、...
  3. 田中
    今回創新塾に参加して中堅幹部のあり方が明確になりました。