新着記事

中堅幹部コース10期生- 望星サイエンス㈱ 西方 守浩さん

西方

初めから最後まで創新塾中堅幹部の心得を胸にカリキュラムを受講して来ましたが、単に会社における中堅幹部としてのものではなく、社会人、人間として存在している上で必要な心得として捉えました。(自分自身の哲学に通ずる心得でした)また、社員を歯車に例えるなら、動くためには歯車同士が噛み合わなければなりません。そのためには理解し合う事(コミュニケーション)が大切であり、動かすための原動力(理念やビジョン)が必要だという事と思います。

自分として最も成果が表れたのは部下への権限委譲です。「やらせてみる」という事の抵抗感がなくなってきました。明確な理由を示し、快く了承を得る事を心掛けて引き受けてもらうようにしています。

大変個性豊かな方々(自分も含めて・・・)で、4名と少人数でしたが楽しく受講出来ました。ありがとうございました。

http://www.bousei.co.jp/

関連記事

セミナー情報

  1. ビジネスイメージ
    より早く!より正しく!成果につながる会社の数字~全員参加・経営視点を生み出す管理会計~...
  2. 3f5f9a579cc4c682d940a47c368a16fe_s
    どのような状況であろうとも経営者は会社を存続させる責任があります!売上を伸ばす絶対的な戦略を構築...
  3. arks_image
    開催趣旨本研修は昨年度、ある中小企業経営者からの発案により企画され、開催される運びとなりました。

塾生インタビュー

  1. 足高
    あっと言う間の15ヶ月間でした。一緒に過ごさせて頂いた15ヶ月間での創新成果は、3つあります。
  2. 阿部
    「4つの参加心得」が全ての原点だと思います。
  3. 矢澤
    創新塾中堅幹部コース全カリキュラムを通しての気づき参加当初、まだ中堅幹部というものの役割がわかっ...