新着記事

中堅幹部コース1期生- 東興資材工業㈱ 清水正広さん

清水

部下を育成するためにコミュニケーションを取ることがいかに大切かを痛感しました。塾に参加したことで、物事を行なう時に全体を把握して、方針・目標を立て、幾通りかの道筋を探り、その中で最良の方法を選択し実施していく考え方を心掛けるようになりました。

人とコミュニケーションを取るときも相手の考えをよく理解した上で話しをすることを意識するようになりました。

ただ、まだ課題としてPDCAサイクルをしっかりと回しきれていない現状もあります。卒塾後も幹部社員として会社の発展、自身の成長に塾で学んだことを活用し続けたいと思います。1年間ありがとうございました。

http://www.packtoko.co.jp/

関連記事

セミナー情報

  1. 3f5f9a579cc4c682d940a47c368a16fe_s
    どのような状況であろうとも経営者は会社を存続させる責任があります!売上を伸ばす絶対的な戦略を構築...
  2. 数字
    中小企業のための「戦略的」会社の数字活用セミナー創新塾 塾長 高良 高 (たから たかし)教...
  3. 担当講師 ㈱創新ワールド マネージャー  宮城加代子(みやぎかよこ)早稲田大学卒業後、㈱日本エル...

塾生インタビュー

  1. 都丸
    現在の会社に至るまでの約40年間がグループ内の部門に経営統括部があり、その部門の検討された管理数値を...
  2. 西久保
    私は友人が企業をするにあたり、参謀役として経営の勉強をしたいと思い入塾しました。
  3. 佐藤
    私の創新成果として一番思うことは同期と共に勉強できた事です。