新着記事

革新コース91期生 – 企業組合あしたね 組田 香織さん

91kumita

創新塾の受講を決意した約1年前、様々なことに囚われ、振り回されていた自分がいました。

塾長と初めてお会いした時、「経営道を学び、経営に生きる100%の覚悟はあるか」と問われました。日々の様々なことに疲れ自信をなくしていた時だったので、「あなたならできる」という言葉に、とても励まされました。創新塾でしっかり学び、どんなにつらいことがあっても、共進とあしたねの2社をしっかりやっていく覚悟を決めようと決心しました。

1年間、経営者としての姿勢や考え方を繰り返し問われていく中で、今何が重要なのか優先順位がわかるようになったことと、重要でないことは流していけるようになったことは大きな成果でした。常に学ぶということを自分自身に課していけたので、迷った時、苦しい時には、自分はこんなにも学んでいるのだからという自信にもつながりました。共に学んだ仲間ができたということも、これからの人生において大きな財産となっていくことでしょう。

共進とあしたねは「人」が中心の会社です。私はそこに最大の魅力を感じ、自分の人生をかけようと決心しました。経営理念やビジョンを考えると、自分自身にもぶれない軸ができたような感覚があります。それは、従業員にも必ず伝わり、共に理念に向かって歩んでいる実感があります。創新塾の1年間は、新たな事業をスタートした1年間とも重なり、学んだことを実践に移していくのが、今後の課題になります。

どんなにつらいことがあっても、決して諦めず、途中で投げ出してしまわないように、学び続けることを怠らないようにしたいと思います。1年で1ミリ成長する年輪経営をめざし、日々精進していきたいと思っています。

企業組合あしたね
http://www.ashitane.jp/outline.html

関連記事

セミナー情報

  1. 数字
    中小企業のための「戦略的」会社の数字活用セミナー創新塾 塾長 高良 高 (たから たかし)教...
  2. 3f5f9a579cc4c682d940a47c368a16fe_s
    中小企業のための「戦略的」会社の数字活用セミナー創新塾 塾長 高良 高 (たから たかし)教...
  3. 満員御礼
    担当講師 ㈱創新ワールド マネージャー  宮城加代子(みやぎかよこ)早稲田大学卒業後、㈱日本エル...

塾生インタビュー

  1. 清水
    部下を育成するためにコミュニケーションを取ることがいかに大切かを痛感しました。
  2. 大石
    何よりも原点であるビジョン、会社の存続、自分の存在意義はとても重なり合うかたちで大切な軸となると認識...
  3. 私の業務の役割からいっても、幹部としての意識を持つことは当然と考えていましたが、実際に研修が進むにつ...