新着記事

革新コース76期生- 株式会社エリントシステム 松本 正己さん

松本

どちらかというとビジョン先行で、現実から目をそらしていたところに、AIC会議では見事に本質が見抜かれてしまいました。
「危機感がなく、行動を起こしていない」という本質は大変に耳の痛いところでした。
危機感は自分なりに持っているつもりだったのですが、回りから見た場合には全然足りないということを認識できました。

最重要テーマは「営業強化」だったのですが、一歩目を踏み出せない理由を色々と言い訳していることにも指摘を受け、納得ができました。
ビジョンの実現のために、今何を最優先ですべきかを認識して、来年度の計画、3年後、10年後の計画をしっかりと立てて、気持ちを強く持って行動を起こす! 少しずつ自分の行動を変えてゆくことができてきました。これが最大の創新成果だと思っています。

経営者として「肚を括る」ということも、塾長から何度も何度も言われ、それが段々と染み着いて来ています。
現実は非常に厳しい状況ではありますが、焦ることなく、将来を見据えることができるようになって来たことも、創新塾に入って色々な角度から勉強をし、仲間から沢山の気づきをもらえたからだと思います。
100年企業探究も良い刺激でした。
山本海苔店の今があるのは「不易流行」を言葉通りに行動をしてきたからこそなのだと実感できました。社長の肚を括っている状況にも感銘しました。

今日は卒塾というより、本当のスタートだと思っています。
自分の掲げた方針を実践に移し、しっかりとした企業にしてビジョンを実現できるように、まずは先頭に立って行動を起こしたいと思います。
ありがとうございました。

http://www.elintsystem.co.jp/

関連記事

セミナー情報

  1. 数字
    中小企業のための「戦略的」会社の数字活用セミナー創新塾 塾長 高良 高 (たから たかし)教...
  2. 3f5f9a579cc4c682d940a47c368a16fe_s
    中小企業のための「戦略的」会社の数字活用セミナー創新塾 塾長 高良 高 (たから たかし)教...
  3. 満員御礼
    担当講師 ㈱創新ワールド マネージャー  宮城加代子(みやぎかよこ)早稲田大学卒業後、㈱日本エル...

塾生インタビュー

  1. 宮田
    この度卒塾するにあたり入塾してからのことを考えてみると様々なことが浮かんできます。
  2. 黒田
    長いようで短い創新塾での15ヶ月間、今思えばあっと言う間に過ぎたような感じです。
  3. 小林
    私の自聖言は「Head's Up!」です。