新着記事

革新コース62期生-プルデンシャル生命保険株式会社  穴田 貴明さん

穴田

私が創新塾への入塾を決めたのは、第一回目の講義の前々日でした。どうしようかと考える間もなくスタートしましたが、本当に参加して良かったです。
毎月1日という時間を確保し、またそのための課題を乗り越えていくことに苦しむことも多々ありましたが、自分に正直であることの大切さ、そして100%全力を尽くすことの気持ちよさを徐々に感じるようになり、自分の理念やビジョンにも確信を持つことが出来るようになりました。

特にビジョンの絵については、自分の思考を初めてビジュアルに落とし込むことでイメージが湧き、ワクワクしました。だからこそ、4月から自信を持って、個人事業主からマネージャーとして営業所を設立することにもなりました。
自分にとって大きな変化の時をこの期間中に迎えられたことを嬉しく思います。そしてAIC会議。最初から相当本気で取り組みました。こんなにも人の会社のことを我がことのように真剣に考えたこともありません。
だからこそ生意気にもかなりズバズバ突っ込みました。ムッとするような失礼なことも多々言ったと思います。
でもこの『創新塾62期』と言う縁で繋がったみんなが本当に幸せになって本当に成功して欲しいと心の底から思えたからです。
数多くの非礼をお許しください。でも自分が言った分、自分のAIC会議でも皆さんから厳しくも本当にありがたい指摘を頂けました。

こんなにつまらないプライドが高い自分のために真剣に議論をして頂き本当に、本当にありがとうございます。
『人に勝たずに、人に勝たせる』おそらく、一生忘れないであろう私のテーマです。
塾は卒業ですが、本当の戦いは、まだ始まったばかりです。
これからも末永くよろしくお願いします。

http://mylp.prudential.co.jp/lp/page/takaaki.anada

関連記事

セミナー情報

  1. 数字残席わずか
    中小企業のための「戦略的」会社の数字活用セミナー創新塾 塾長 高良 高 (たから たかし)教...
  2. 満席にて受付終了
    中小企業のための「戦略的」会社の数字活用セミナー創新塾 塾長 高良 高 (たから たかし)教...
  3. 数字
    中小企業のための「戦略的」会社の数字活用セミナー創新塾 塾長 高良 高 (たから たかし)教...

塾生インタビュー

  1. 大石
    何よりも原点であるビジョン、会社の存続、自分の存在意義はとても重なり合うかたちで大切な軸となると認識...
  2. 朝田
    まず、47期の皆様との出会いの場を提供して頂いたことに深く感謝致します。
  3. 竹澤
    看護師として10年、介護施設の施設長として9年を過ごした私は、訪問看護ステーションを設立し、すべての...