新着記事

革新コース58期生-株式会社ルーシーダットン  古谷暢基さん

古谷

私は大学卒業後、8年間米国資本の“世界一大きい会社”に在籍していました。その歴史と実績を背景に、会社のシステムは完璧に完成されており、非常に良い学び舎であった半面、私の人生としては退屈で仕方なく、居心地の悪さを感じて早期退職制度に乗り、退職いたしました。

その後、KBSのMBAコースにてアントルプレナーを勉強しながら、とりあえずは自分が大好きな格闘技のジムをオープンし、そこからは思うがままに、自慢であるヒラメキと感性と行動力をフル回転し、そこにプラス、サラリーマン時代に学んだビジネス常識を加えて、実践とチャレンジの繰り返しながら突っ走ってきました。

そんな中、昨年秋に塾長にお会いし、その理念が自分の経営者としてのポリシーに非常にスイングしていると感じました。私自身、脱サラ10年を迎え、ちょっと立ち止まり自分を振り返り、客観的に見てみよう、そして自分自身の理念をさらに高めて深めていただけると感じ、同時に世の“社長たち”の中で、自分はどれぐらいの位置づけなのか、どれだけ頑張れているのか、を初めて計れる機会と感じ、入塾を決意しました。

忘れかけていた経営の基本を学び、自分が行ってきた方向性と行動基準が正しかったことの確認ができて自信をさらに深めると同時に、一方でわが社と私自身の客観的な評価や弱点も指摘された充実した時間でした。

これからも是非お付き合いして頂き、“気づき”を頂ければと思います。私の立場・能力で何かお役に立てるようなことがあれば、おっしゃって下さい。

http://www.rusiedutton.com/

関連記事

セミナー情報

  1. 数字
    中小企業のための「戦略的」会社の数字活用セミナー創新塾 塾長 高良 高 (たから たかし)教...
  2. 3f5f9a579cc4c682d940a47c368a16fe_s
    中小企業のための「戦略的」会社の数字活用セミナー創新塾 塾長 高良 高 (たから たかし)教...
  3. 満員御礼
    担当講師 ㈱創新ワールド マネージャー  宮城加代子(みやぎかよこ)早稲田大学卒業後、㈱日本エル...

塾生インタビュー

  1. 長野
    私は3年前に現在の会社に入社し昨年現在の課長職となり5名の部下を任されております。
  2. 黒澤
    高良塾長との運命的な出会いから私の創新塾での学びが始まり、早いもので今日で卒塾である。
  3. tsuruta
    「部下を育てられる部下に育てる」この言葉は、経営理念の調査のため信頼する若手経営者の会社に訪...