新着記事

革新コース56期生-株式会社マルキ 木内隆史さん

木内

入塾して間もなく「リーマンショック」が騒がれ、私の会社も早々に入塾当時にたてた創新目標が達成不可能な状態になってしまった。決算が終わり前期は惨憺たる結果となってしまったわけだが、今はその結果を踏まえても前向きな気持ちでいることが出来る。

その理由は創新塾での一年間の経験による。私の入塾理由は、明確な会社のビジョンと経営理念を創り上げたいとの想いからだったのだが、今、自分が納得できるものが出来た。

自分と会社の進む方向が自身で明確にできたことはこれからの経営において何よりの勇気を与えてくれる。
15ヶ月間で何を教わったのか?と問われれば多分一般的な経営塾とそう変ったことは教わってないのではないか?しかし本を読んで理解することの出来ない「心の在り方」を変えてもらったと感じている。

多分、創新塾は頭で理解したのではそれ程の価値は見出せないだろう。塾長をはじめ創新塾の方々、そして何より同期の熱い想いを一緒になって体感することによって初めて自己を変革することができるのだと思う。

http://www.mrk-c.co.jp/

関連記事

セミナー情報

  1. 3f5f9a579cc4c682d940a47c368a16fe_s
    中小企業のための「戦略的」会社の数字活用セミナー創新塾 塾長 高良 高 (たから たかし)教...
  2. 満員御礼
    担当講師 ㈱創新ワールド マネージャー  宮城加代子(みやぎかよこ)早稲田大学卒業後、㈱日本エル...
  3. ビジネスイメージ
    担当講師 堀内れい子社会保険労務士事務所 堀内れい子大学卒業後、婦人服・子供服の企画販売会社へ就...

塾生インタビュー

  1. 宮下
    約一年前、56期の今村様よりアドバイスを頂き、入塾を決意した当時の私は、起業をすると発したものの、理...
  2. 小俣
    自分の立場、今をすべきかが明確に見えてきました。
  3. 三井
    私の創新目標として最大のゴールとして掲げていたのが、「卒塾と同時に新規事業が実現可能状態にあること」...