新着記事

革新コース40期生-㈱ジャストオートリーシング 大坪行雄さん

大坪

入塾の時期と同じくして、ジャストのグループ会社への出向となった。全責任者としての立場を理解していたつもりであったが、その思いの強さが不足していた。やはり明確なビジョンに基づいた行動、スピードが欠けていた。バランスからアンバランスへのシフトすることの重要性(改善)、安定というぬるま湯に浸かっていては先の成長はない。

創新塾に学びながら、その教えを実践できなかった後悔がある。

現在、サービス部で車検の取り込み営業に全力を傾けている。如何にお客様にご満足頂けるのか、顧客満足では他者と一緒、顧客貢献といえるまでの対応とは何なのか。とんがりとして、当社にある巡回メンテナンスカーによる出張整備をどう活かしていくのか。

時代は、本当に早いスピードで移り変っている。1日車検から45分車検と短時間整備のニーズ、車検取得方法の多様化等。

不易、流行、とんがり、コラボ、黒字、バランスを常に考え、1年先、3年先、5年先を見据えた経営が必要であることを学んだ。

1番の教えは、「自分が源泉」である。

経営者ではなく、一社員として会社の支持に従っていれば可も不可もなく居られる。

もし、全員がこうだったら、会社の存続は難しい状況となるだろう。

毎月の創新目標をクリアーする=会社の目標以上の成果を上げていくことに努力すること(尋常を突き抜けてやり続けること)が、自分を変え、周りの人も変えていく。さらには、会社を変えていく力になる。

お陰様で、毎年激減している車検入庫台数の、昨年以上の実績で推移できている。

短い15ヶ月間でしたが、ありがとうございました。

関連記事

セミナー情報

  1. 数字
    中小企業のための「戦略的」会社の数字活用セミナー創新塾 塾長 高良 高 (たから たかし)教...
  2. 3f5f9a579cc4c682d940a47c368a16fe_s
    中小企業のための「戦略的」会社の数字活用セミナー創新塾 塾長 高良 高 (たから たかし)教...
  3. 満員御礼
    担当講師 ㈱創新ワールド マネージャー  宮城加代子(みやぎかよこ)早稲田大学卒業後、㈱日本エル...

塾生インタビュー

  1. 89hara
    決めたことは必ず実行。分かっていてもなかなかできることではない。
  2. 宮下
    まず、自分自身の問題として、第一に自分を客観的に見つめることが出来ました。
  3. 上田
    私が創新塾での1年間の学びの中で得たことは、「経営に関する覚悟」「自社への客観的な視点」「経営全般に...